院内感染予防への取り組み|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

院内感染予防への取り組み

  • ホーム
  • 院内感染予防への取り組み

安全な歯科治療をご提供するために

安全な歯科治療をご提供するために

東京の「銀座スワン歯科・矯正歯科」では、院内感染を防ぐために徹底した衛生管理に取り組んでおります。ヨーロッパ基準をクリアした滅菌器を導入し、洗浄・消毒・滅菌・保管のシステム化を実現。院内の動線も考慮した、高レベルの感染対策を行っております。

院内の清潔区域・不潔区域の区別

院内の清潔区域・不潔区域の区別

当院では、機材の配置を工夫して、可能な限り効率的に消毒や滅菌を行えるようなレイアウトを実現しています。院内の清潔区域と不潔区域が混在することなく、スムーズな動線で洗浄から消毒、滅菌、保管までの流れを行えるようになっております。

滅菌・消毒のシステム化を徹底

  • 滅菌・消毒のシステム化を徹底
  • 滅菌・消毒のシステム化を徹底
  • 滅菌・消毒のシステム化を徹底

当院では、滅菌を行う担当者が院内に常駐しております。使用後の治療器具は、滅菌・消毒を行い、次に使用する直前まで無菌状態を保ちます。当院での滅菌・消毒に使用しているのは、下記のような洗浄機とオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

歯科治療に用いる器具には、唾液や血液などタンパク質の汚れがつきものです。「+α Washer Disinfector」は、93度の高温水と強アルカリ性の専用洗剤でタンパク質の汚れを洗浄します。

国内での普及率はまだ1%以下と低い洗浄機ですが、当院では患者様への院内感染のリスクを減らすため、オートクレーブでの滅菌の前に、洗浄機による洗浄を徹底して行っています。

オートクレーブ「Lisa (リサ)」

オートクレーブ「Lisa (リサ)」

Lisaはヨーロッパでも最も厳しい基準をクリアした、クラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。真空状態と蒸気注入を交互に行うパルス真空で、器具の隅々にまで高温の蒸気を行き渡らせることができ、より確実な滅菌を実現します。

コンビネーションオートクレーブ DAC (ダック)

コンビネーションオートクレーブ DAC (ダック)

6つの機器を約16分で滅菌完了させるオートクレーブです。複雑な構造のハンドピースの内部まで、洗浄・注油・滅菌の全工程をボタンひとつで行います。ヨーロッパの厳しい基準のクラスSをクリアした、信頼性の高い滅菌器です。

滅菌処理の流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP1
超音波洗浄機での洗浄
STEP2
滅菌パックに封入
STEP3
オートクレーブで滅菌
STEP1 超音波洗浄機での洗浄 STEP2 滅菌パックに封入 STEP3 オートクレーブで滅菌
器具に付着した血液や唾液などのタンパク質や汚物の汚れを、超音波で洗浄します。 1つずつ滅菌パックに入れてから処理することで、滅菌後に手などが触れても内部が汚染されることがありません。 消毒や殺菌では死滅しないウイルスや細菌を、高圧蒸気で完全に滅菌します。

使い捨て(ディスポーザブル)の促進

当院では、患者様に直に接触れる手袋、注射針、コップ、エプロンなどは、すべて治療ごとに使い捨て(ディスポーザブル)として院内感染を防止し、衛生環境を整えております。

スワン歯科グループ関連サイト