横顔の印象はE-ラインで決まる!?矯正治療で目指せ横顔美人!|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

スワン歯科のコラム
 横顔の印象はE-ラインで決まる!?矯正治療で目指せ横顔美人!

剛力彩芽さん、武井咲さん、優香さん、上戸彩さん、米倉涼子さん・・・
突然ですが、彼女たちの共通点は何でしょうか? 共通点と言われても、ちょっと難しいかもしれませんね。ヒントは、みなさん同じ賞を受賞していること。その賞とは何でしょうか・・・?

答えは、「E-ライン・ビューティフル大賞」です。今回のコラムでは、横顔の美しさの基準ともされる「E-ライン」について解説していきましょう。

E-ラインって何?

E-ライン(E-line / エステティックライン)とは、人の横顔を見たときに、鼻の先端と顎の先端を結んだラインのことです。右の写真の赤いラインがE-ラインになります。

E-ラインは、1954年にアメリカの矯正歯科医、ロバート・リケッツが美の基準として提唱したもので、上下の唇がE-ラインに触れず、やや内側にあるプロフィール(横顔)が美しく理想的だとされています。

E-ライン・ビューティフル大賞について

E-ライン・ビューティフル大賞は、日本成人矯正歯科学会が定期的に授与している賞です。受賞者は、以下の条件に該当する女性の中から選考されます。

・歯並びのよいプロフィール(横顔)の美しい日本女性であること
・心身共に健全であり総合的なプロポーションもバランスがとれていること
・幅広く活躍する著名人であること

冒頭でクイズにさせていただいた5人の女優さんの他、天海祐希さんや宮沢りえさん、黒木瞳さんなども過去に受賞しています。
>>E-ライン・ビューティフル大賞 歴代の受賞者一覧はこちら

横顔をもっと意識してみませんか?

自分の横顔はあまり見ることがないかもしれませんが、私たちは毎日、いろいろな人に横顔を見られています。周囲からは正面よりも横顔を見られることのほうが多いため、その分、横顔の印象は重要になってきます。そこで、意識していただきたいのがE-ラインです。さっそく、自分の人差し指や定規などを鼻先と顎に当ててみましょう。あなたの唇は、E-ラインの内側にありますか? それとも、外側にありますか?

日本人は日本人のE-ラインがある!?

上述のとおり、ロバート・リケッツは、美しい横顔を「上下の唇がE-ラインに触れずに、少し後ろの位置にある」と定義していますが、これはあくまでも欧米人の基準です。鼻が高い欧米人は、上下の唇がE-ラインの内側に収まっている人が多いようですが、私たち日本人にこの基準をそのまま当てはまることはできません。日本人は欧米人に比べて鼻が低いため、美しい横顔の基準も少し異なっており、上下の唇がちょうどE-ラインに触れる状態が好ましいとされています。
>>E-ラインへのおススメ治療はこちら

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

E-ラインを整える方法の一つに矯正治療があります。出っ歯や受け口などの不正咬合はE-ラインと深く関連しており、矯正治療で不正咬合を改善することで、E-ラインが整うケースも少なくありません。矯正治療の目的は、歯並びや噛み合わせを整えることだけではなく、E-ラインを含めたお顔全体のバランスを整えることも目的の一つなのです。

E-ラインは、鼻の高さや顎の骨などの骨格的な要因も関連するため、必ずしも矯正治療で改善できるとは限りませんが、矯正治療で改善できるケースなら検討してみる価値はあると思います。歯並び・噛み合わせを整えるとともに、横顔もきれいに見せたいという方は、お近くの歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

スワン歯科グループ関連サイト