インプラントは一生使い続けられる?|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

よくある質問
 インプラントは一生使い続けられる?

Q&A

インプラントは一生持ちますか?

銀座スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントは臨床応用されてから約50年と、まだまだ歴史の浅い治療ではありますが、世界で初めてインプラント治療を受けた人は亡くなるまで40年以上にわたってインプラントを使い続けました。逆に言うと、60年、70年にわたってインプラントが持つかどうかは未だに実証されていません。

インプラントが使えなくなってしまう(脱落してしまう)最大の原因は、インプラント周囲炎という病気です。インプラントは人工物なので虫歯にかかることはありませんが、歯垢が溜まることでインプラント周囲炎(天然歯で言うところの歯周病)にかかることはあります。毎日のブラッシングと歯科医院での定期検診によって衛生的な口腔内環境を維持できていれば、インプラント周囲炎は十分に予防できます。「インプラントは一生持つ」とは言い切れませんが、インプラント周囲炎を予防できれば、長期にわたって使っていくことができるはずです。

一覧へ戻る

スワン歯科グループ関連サイト