矯正治療中のブラッシングについて|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

よくある質問
 矯正治療中のブラッシングについて

Q&A

矯正治療中のブラッシングで気を付けることはありますか?

銀座スワン歯科・矯正歯科からの回答

一般的な矯正治療ではブラケットやワイヤーの部分に歯垢(プラーク)が溜まりやすくなります。歯垢が溜まりやすい部分は虫歯のリスクが高まるため、日頃から丁寧なブラッシングを心掛けましょう。当院では矯正治療に入る前にブラッシング方法についてもご指導いたします。

なお、透明のマウスピースを用いるインビザラインという矯正方法なら、食事中やブラッシング時に取り外せるため普段と変わらずブラッシングなどの口腔ケアが可能です。

一覧へ戻る

スワン歯科グループ関連サイト