歯を指で押すとグラグラします。何かの病気でしょうか?|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

よくある質問
 歯を指で押すとグラグラします。何かの病気でしょうか?

Q&A

歯がグラつくのは何かの病気でしょうか?

歯を指で押すとグラグラと動きます。このまま抜けてしまわないか不安です。

銀座スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯を指で押してグラつく場合、多くの可能性として歯周病が疑われます。歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位であり、40%以上の割合(※)を占めています。これは、むし歯や外傷、矯正の際の抜歯などよりも多い比率です。

※出典:e-ヘルスネット「歯の喪失の原因」

歯周病を放置しておくと大切な歯を失うことに……

歯周病は歯茎の感染症で、放置しておくと歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に歯垢(プラーク)が溜まることで、その内部に潜む歯周病菌が増殖。歯周病菌の出す毒素によって歯茎や顎の骨が破壊されてしまうのです。

歯周病は以下の段階を経て進行します。

歯肉炎

健康な状態の歯茎はきれいなピンク色をしており、引き締まっています。しかし、歯周ポケットに歯垢が溜まり、歯周病菌による毒素によって歯茎が炎症を起こした状態を「歯肉炎」といいます。この段階では痛みなどの自覚症状はありませんが、ブラッシング時に出血が見られる場合があります。歯周ポケットの深さは1~2mmほどです。

軽度歯周炎

歯周病菌によって炎症が進み、歯茎の腫れが悪化した状態です。歯周ポケットが2~4mm程度と深くなり、顎の骨が少しずつ溶かされ始めます。この段階でも痛みはなく、ほとんどの方がまだ症状を自覚できません。

中度歯周炎

歯茎の炎症が進行し、歯周ポケットが4~6mmとさらに深くなった状態です。顎の骨の約半分が溶かされてしまいます。この段階になると歯がグラグラと動揺し始め、歯茎からの出血に加えて膿が出ることもあります。

重度歯周炎

重度歯周炎になると歯を支えていた顎の骨のほとんどが溶かされてしまい、歯の動揺も大きくなります。歯周ポケットの深さは6mm以上となり、歯根に歯垢や歯石が付着した状態です。そのまま放置しておくと歯が抜け落ちてしまう恐れもあるため、非常に危険な状態です。歯茎からの出血や膿に加え、口臭が強くなる場合があります。

歯周病の治療法

歯周病の治療法は、進行具合によって違いはありますが、基本的には歯垢や歯石を取り除くことが重要です。歯肉炎の段階でなら、丁寧な歯磨きによって歯垢を除去すれば治癒が期待できます。しかし、軽度歯周炎以上の段階になると、「スケーリング」や「ルートプレーニング」という治療を行わなければならなくなります。

スケーリングは「スケーラー」という器具を使って行われ、歯周ポケット内に溜まった歯垢を取り除きます。ルートプレーニングは歯石を除去して歯根面をきれいにし、歯垢や歯石の再接着を予防する処置です。

重度の歯周病には外科治療が必要

歯周病が中度歯周炎まで進行してしまうと、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯垢や歯石を完全に除去できない場合があります。その際には局所麻酔をかけて歯茎を切開し、直接歯垢や歯石を取り除く「フラップ手術」などの外科処置を行うケースもあります。これは、歯科医師が目視しながら確実に歯垢や歯石を取り除くための処置です。

重度歯周炎の場合はかなりの量の顎の骨が溶かされているため、「エムドゲイン法」や「GTR法」などの骨再生治療によって再生を促す場合があります。

銀座スワン歯科・矯正歯科 院長より

歯周病の予防はシンプルで、食後のブラッシングを丁寧に行い、歯周ポケットに歯垢を残さないようにすることです。それだけで軽度の歯周病は改善が期待できます。しかし、きちんと取り除けなかった歯垢は歯石へと変化し、自力で除去することが困難になってしまいます。歯石には歯垢が付着しやすく、歯周病菌の温床になりかねません。歯周病のリスクを高めないためにも、日頃から口腔内のケアに力を入れておきましょう。

また、歯周病菌が血液を介して全身に運ばれると、心筋梗塞や脳梗塞、早産、低体重児出産の原因になることも、最近の研究によって明らかになってきています。また、歯周病になると糖尿病の症状が悪化し、反対に歯周病の治療で糖尿病が改善するなど、相互に影響を及ぼしていることも分かってきています。そのため、日頃のブラッシングを心掛け、歯周病予防に力を入れていきましょう。

一覧へ戻る

スワン歯科グループ関連サイト