一般歯科|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

一般歯科

歯の痛みは放置しないでください

歯の痛みは放置しないでください

歯が痛くなってからはじめて、「歯医者に行かなければ」と考える患者様は多いのではないでしょうか。実は、虫歯は初期段階ではあまり自覚症状がないため、痛みを感じた時には既に進行してしまっている場合が多いのです。虫歯とは、虫歯菌の出す酸によって、歯が溶けてしまう病気です。溶けてしまった歯を治療するには、削るしかありません。

東京の歯医者「銀座スワン歯科・矯正歯科」では、患者様ご自身の歯をできるだけ残したいという思いから、削ったり抜いたりしないで済む治療を心がけております。お口の状態がちょっと変だなと思ったら、ぜひ早めのご来院をおすすめします。

虫歯を放置するのは危険です

虫歯を放置するのは危険です

歯の痛みを放置していると、やがて激しい激痛に襲われます。さらに放置を続けると、一時的に痛みが軽くなることがあります。ここで「治った」と勘違いをしてしまうことも多いのですが、実は神経が死んでしまったために、痛みを感じなくなってしまっただけなのです。

ここまで来ると、悪化した虫歯は抜くしかない状態になってしまいます。抜歯は身体にも負担がかかりますし、その後のケアを考えると、経済的・時間的な負担も大きくなります。虫歯は放置せず、早めの治療を心がけましょう。

虫歯の進行段階

※表は左右にスクロールして確認することができます。

CO C1 C2 C3 C4
CO C1 C2 C3 C4
表面のエナメル質が少し溶けた状態です。まだ穴は空いておらず、痛みもありません。 表面に穴が空いていますが、自覚症状はまだありません。患部を削って詰め物をします。 エナメル質の下の象牙質にまで、穴が達した状態です。冷たい物や甘い物がしみることがあります。 歯の奥の歯髄にまで虫歯が到達した状態です。激しい痛みを感じることがあります。 歯根まで虫歯が達してしまい、歯がほとんど残っていない状態です。

痛みを抑える取り組み~無痛治療について~

痛みを抑える取り組み~無痛治療について~

歯の治療は痛い……そう決めつけてはいませんか? 確かに、麻酔が必要になるような治療が必要になる場合もあります。その麻酔自体も、痛くてイヤだとおっしゃる患者様も多いのです。

当院では、患者様の痛みを軽減するための無痛治療を積極的に取り入れております。不快感や苦痛を取り除き、リラックスして治療を受けていただけるようなメニューをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

表面麻酔

注射による局所麻酔の前に、ゼリー状の表面麻酔を塗布することによって、麻酔時の痛みを軽減します。

局所麻酔

局所麻酔は、インプラント治療、親知らずの抜歯や歯周ポケット内の歯石除去など手術以外でも広く使われており、麻酔による体への影響は少なく安全性も問題ありません。

笑気麻酔

ほんのり甘い香りのする笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法です。意識はありますがリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、不快な痛みや音はほとんど気になりません。うとうとしている状態ですが、吸入を止めればすぐに覚醒した状態に戻ります。治療への恐怖心や不安が強い方に採用しています。

静脈内鎮静法

痛みへの不安が強い方には、静脈内鎮静法という麻酔法を用いて、うとうとと眠っているような状態で治療を行うことも可能です。腕の静脈に鎮静剤を注入する方法です。麻酔担当医が患者様の血圧や呼吸の状態をモニタリングしながら行いますので、ご安心ください。

スキルアップ・技術研鑽

治療時の痛みの程度には、ドクターの技術が大きく関わってきます。当院は日々技術研鑚に努め、患者様の治療時のストレスを軽減します。

スワン歯科グループ関連サイト