口腔外科|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

口腔外科

スワン歯科の口腔外科

スワン歯科の口腔外科

口腔外科とは、虫歯や歯周病以外の口腔や顎、その周辺の顔面を扱う診療科です。口腔ガンや顎変形症、ケガなどの外傷や神経性疾患などの機能的な障害まで、さまざまな疾患を扱います。

東京の歯医者「銀座スワン歯科・矯正歯科」には、口腔外科の高度な専門知識を持つ歯科医師が在籍しており、口腔、顎、顔面に起こるどんなトラブルにも対応できます。ぜひお気軽に当院にご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

「親知らず」とは、永久歯がすべて生えそろったあと、成人する頃に生えてくる歯のことです。昔は奥歯として正常に機能していましたが、現代人は顎が小さくなってきたために、きちんと生えてこないことが多くなりました。

親知らずは、正常に生えてきさえすれば、抜く必要はありません。以下の例のように、歯並びや顎に悪い影響を与えていたり、虫歯や歯ぐきの炎症を起こしていたりする場合には、抜歯の適応となるケースがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

親知らずの抜歯について 親知らずの抜歯について 親知らずの抜歯について
親知らずが歯ぐきの外まで出てこず、上部に歯ぐきが被っている。食べ物のカスが詰まって取れにくいので、炎症を起こしやすくなります。 親知らずが斜めに生えてきた場合、ブラッシングをしても届きにくく、隣の歯との隙間に食べ物のカスが詰まって虫歯になりやすくなります。 親知らずが斜めに生えてきて隣の歯を押すと、圧迫された歯が動いてしまい、噛み合わせや歯並びに影響が出ます。放置すると顎関節症の原因になることもあります。
親知らずの生え方の種類 

親知らずはまっすぐに生えてきた場合、通常の奥歯として機能しますが、以下のような「埋伏歯」の場合は治療が必要となります。

完全埋伏(智)歯

完全埋伏(智)歯

親知らずが歯ぐきの中に完全に埋まっている状態のことをいいます。顎関節症の原因となったり、歯並びの乱れを引き起こしたりする場合があります。

水平埋伏(智)歯

水平埋伏(智)歯

親知らずが横倒しになって埋まっている状態をいいます。骨が成長して行くにつれ、まわりの歯を圧迫したり、歯並びを乱したりすることがあります。

半埋伏(智)歯

半埋伏(智)歯

親知らずの一部が、歯ぐきから顔を覗かせている状態です。虫歯や歯周病などになりやすく、顎関節や歯並びにも悪影響を及ぼす場合があります。

もしかして顎関節症かも?~顎の痛みに注意しましょう

もしかして顎関節症かも?~顎の痛みに注意しましょう

口を開けた時に、顎の関節が痛んだり、カクカクと音がしたりといった経験はありませんか? もしかすると顎関節症かもしれません。下記のチェックに当てはまる症状があれば、一度検査を受けてみることをおすすめします。

  • 口を開けた時に顎が痛い
  • 顎を動かすと「カクカク」「ミシミシ」と音がするような気がする
  • 口を大きく開くことができない
  • 虫歯ができているわけでもないのに奥歯に痛みがある
  • 顎が何かに引っかかったように、動きが悪い
  • 顎を動かすのがだるく、食べ物を噛むのがつらい
顎関節症の治療方法

顎関節症が起こるのには、さまざまな原因があります。当院では原因をしっかりと見極め、患者様一人ひとりに合った、的確な治療を行います。

治療の方法には、マウスピースを装着して顎関節を正しい位置へと導く「スプリント療法」や、歯の噛み合わせが原因の場合は、噛み合わせの調整を行い、症状を改善させる「補綴(ほてつ)治療」、あるいは外科的な手術を行う方法などがあります。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法は、事故や加齢、歯周病などが原因で、溶けたり破壊されたりしてしまった歯周組織を再生する治療法です。特殊な薬剤や人口の膜を使用して、歯周組織の再生を促します。

以下のような症例で、歯周組織再生療法が用いられます。
  • 歯がぐらぐらしているが、抜かずに治療したい場合
  • 歯周病、加齢、あるいは事故などにより、歯ぐきや骨が失われた場合
  • インプラント治療を希望しているが、十分な骨の量がない場合
  • 歯ぐきが痩せてしまって、見た目が気になる場合

※歯周組織再生療法は、上記にお悩みの患者様すべてに適用が可能なわけではありません。患者様の歯や歯ぐき、顎の骨などの状態によっては、適用ができないケースもあります。

その他あらゆる外科処置に対応しています

当院では、その他の外科的治療として、歯周組織に起こった病変や口腔ガンなどの口腔外科治療、転んだりぶつけたりして唇を切ってしまったなどの、外傷の治療も行っております。口腔顎顔面に起こる病気やケガなど、どんなトラブルにも対応しておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

フラップ手術

フラップ手術

歯周病の治療で行われる外科処置で、歯根など歯周ポケットの奥に付着したプラークや歯石を取り除くために、局所麻酔をかけ、歯肉を切開して行います。「歯肉剥離掻爬(しにくはくりそうは)手術」と呼ばれることもあります。

できものや腫れ物の治療

できものや腫れ物の治療

お口の中にできた、腫れやできものを取り除きます。口内炎だと思って油断していたら、実は悪性腫瘍だったというケースもあるので、気になる場合は早めにご相談ください。

根管治療

管治療

虫歯が進行し、炎症が歯の神経に達してしまった場合、根管治療を行います。神経を取り去り、消毒・洗浄を行います。その後、薬剤を根管に詰めて密封し、詰め物や被せ物などで補綴を行います。従来では、抜歯するしかなかった重度の虫歯も歯を残せるようになりました。

スポーツ用マウスピース

スポーツ用マウスピース

スポーツ用のマウスピース(マウスガード)は、スポーツをする時に歯や口腔内のケガを防ぐために用いる器具です。スポーツ用品店などで市販されている物もありますが、当院ではオーダーメイドでお作りしております。

スポーツ用マウスピース

患者様の歯を型取りして作製するため、噛み合わせがずれる心配もありません。また、競技の種類やお好みに合わせて、硬さや厚さを調整してお作りできるのも、オーダーメイドのメリットです。

スワン歯科グループ関連サイト