予防歯科|銀座スワン歯科・矯正歯科|医療法人スワン会グループ

  • 文字サイズ
  • 標 準
  • 大きめ

予防歯科

お口の健康は予防からはじまります

お口の健康は予防からはじまります

現在の日本では、「歯医者さんは、歯が痛くなってから駆け込む場所」と認識している方がほとんどではないかと思います。確かに痛む歯を治療することも、歯科医の大切な仕事です。しかし、本当に大切なのは「歯が痛むような状態を作らないこと」なのです。欧米などの歯科先進国に比べると、日本はこの「予防」という意識がとても弱いといます。

虫歯や歯周病は、対策をきちんとすることで防げる病気です。東京の歯医者「銀座スワン歯科・矯正歯科」では、治療はもちろんのこと、予防歯科にも力を入れております。定期的にお口の状態のチェックやメンテナンスをすることで、良好な口腔内環境を保つことができます。当院での定期検診を、ぜひ習慣にしてください。

歯の復活を促す再石灰化

虫歯とは、食べ物に含まれる糖分を虫歯菌が酸に変え、歯のミネラル分を溶かしてしまう病気です。歯が溶けてしまうことを「脱灰」といいます。実は、脱灰はお口の中では常に起こっていることなのです。

歯の表面にあるエナメル質は、唾液の力を借りて溶けたミネラル分を再び取り入れ、元の状態に戻すことが可能です。これを「再石灰化」といいます。長時間糖分が口の中にとどまっていると、再石灰化が間に合わず、エナメル質に穴が空いてしまいます。これが虫歯のはじまりです。

歯の構造 初期の脱灰の様子 虫歯になった様子
歯の構造 初期の脱灰の様子 虫歯になった様子

まだ虫歯がエナメル質の表面にとどまっている段階なら、再石灰化を促して虫歯を治癒に持っていくことができる場合があります。キシリトールの入った食品を摂取したり、フッ素の塗布をしたりといったケアが有効です。

予防は歯科衛生士にお任せください

予防は歯科衛生士にお任せください

銀座スワン歯科・矯正歯科では、私たち歯科衛生士が歯科医師とチームを組んで、患者様の予防ケアに取り組んでおります。

患者様には必ず担当スタッフが付く、担当衛生士制を採用しています。一人ひとりのお口の状況を適切に把握し、治療内容に即したケアをご提供できます。

患者様へのブラッシング指導や、プロのテクニックで行うクリーニングで、お口の中の健康を守るお手伝いをさせていただきます。気になることがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

歯科衛生士おすすめデンタルグッズ

ご自宅で手軽にお使いいただける、おすすめのデンタルグッズをご紹介します。お口の健康は、毎日のケアからはじまります。こちらの商品は、当院の受付でもご購入いただけますので、ぜひご利用ください。

マウスリンスとマウスジェル(ウェルテック社)

マウスリンスとマウスジェル(ウェルテック社)

唾液の分泌が少ないと、お口が乾燥しやすくなり、汚れが付きやすくなります。汚れは虫歯の原因になりますので、保湿することでお口に潤いを与えてあげましょう。

こちらは乾き気味のお口を浄化する液体タイプのリンスと、保湿のためのジェルです。リンスでスッキリ洗浄し、ジェルを塗布することでお口の乾燥を防ぎます。

ジェルコートとコンクール(ウェルテック社)

ジェルコートとコンクール(ウェルテック社)

フッ素コート歯みがきジェルのジェルコートと、高い殺菌力を持つ薬用マウスウォッシュのコンクールです。

ジェルコートは研磨剤無配合の歯みがきです。フッ素が高濃度で含まれており、殺菌成分も配合されているので、歯ぐきの炎症も抑えられます。マウスウォッシュは、コップの水にほんの数滴混ぜてうがいをするだけで、長時間殺菌効果が持続します。

音波振動歯ブラシ、プリニアスリム(GC社)

音波振動歯ブラシ、プリニアスリム(GC社)

歯石を効果的に除去してくれる、音波振動の歯ブラシです。重さも軽くスリムタイプなので、手の小さい方やお子様にもお使いいただけます。替えの歯ブラシの種類も多く、お値段も手頃で使いやすいので、ぜひお試しいただきたい歯ブラシです。

安定期に入ったら~妊婦歯科検診も行っています~

安定期に入ったら~妊婦歯科検診も行っています~

妊娠中は、ホルモンバランスや食べ物の好みなど、身体の機能や精神面で大きな変化が訪れます。お口の中も例外ではありません。当院では、妊婦歯科検診(マタニティ歯科検診)を行っております。安定期に入った段階で、一度お口の状態をチェックしておきましょう。

妊婦さんには、虫歯や歯周病になる方が多いといわれています。その原因には、以下のようなものがあげられます。

  • つわりのせいで、きちんとブラッシングができくなり、プラークが付着しやすくなる
  • 体調の変化で唾液の量が少なくなり、細菌が繁殖しやすくなる
  • 女性ホルモンの濃度が高くなり、歯周病の原因菌が増えやすくなる
  • 妊娠中は物を口に入れる回数が増えるので、口の中にいつも糖分が残っている

ブラッシングができない時は、口をゆすぐだけでも違います。体調や気分のいい時に、しっかりとしたケアをするよう心がけましょう。なかなかご自分だけでケアがしにくい場合は、どうぞお気軽にご来院ください。

スワン歯科グループ関連サイト